福岡で医療レーザー脱毛を受けに行くならココ!!医療レーザー脱毛の魅力

福岡でも一般的になりつつあるvio脱毛~多くのメリット~

水着

水着を着たときに、アンダーヘアがはみ出てしまうととても恥ずかしい思いをしてしまいます。手入れをすればそのような思いをせずに済みますが、自己処理の方法が分からないとやりようがありません。自己処理をするのが難しいという方は、福岡にある専門のクリニックでの処理を検討しましょう。

vioの範囲

ワキや、ひじ下と並んで最近人気が高いのが、VIOライン。自分では脱毛処理することが難しいと言われるパーツのひとつであり、ムダ毛をどのように処理していいのか難しいところです。

vioを処理することによるメリット

好きな水着が選べるようになります(22歳/女性)

去年友だちと初めてビキニで海に行ったのですが、友だちから「下の毛が出てるよ」と指摘され、とても恥ずかしい思いをしました。海から帰るとき、その友だちから医療脱毛を受けられるところを紹介してもらい、すぐに予約を入れ、福岡にあるクリニックへ脱毛施術を受けに行きました。そこでvio脱毛を受けてからは、気兼ね無く水着を着られるようになりました。かわいい水着はもちろん、布の面積が小さめの水着も安心して着られます。あのときはとても恥ずかしい思いをしましたが、あの体験が無かったらvio脱毛にも出会えていなかったので、結果オーライという風に受け止めています。

脱いでも恥ずかしい思いをしません(27歳/女性)

付き合っている彼に「アソコの毛を処理してほしい」とお願いされたので、つい先日vio脱毛を受けに行きました。私自身もアソコの毛に対して「人より量が多いかも」と思っていたので、思い切って受けに行ったという感じです。彼の希望を考えるとvio全てを処理する必要も無かったのですが、思った以上に医療脱毛の施術料金が安かったので、どうせなら……という気持ちでvio脱毛を依頼しました。結果、彼氏は大満足。以前は下着からアソコの毛がはみ出るようなことがありましたが、もうその心配も一切要りません。こんなことならもっと早く受けておけばよかったと思いました。

ムレやかゆみが無くなりました(25歳/女性)

以前からデリケートゾーンのかゆみやムレが気になっており、どうにかしなきゃと思っていました。そこで出会ったのがvio脱毛です。女性誌のあるページに「医療脱毛でvioラインの毛を整えればデリケートゾーンが清潔に保たれ、かゆみやムレが無くなる」というもので、すがる思いで地元の病院に施術を受けに行きました。施術を受けてから状況が一変。まず、アンダーヘアが無くなったことによりデリケートゾーンのムレが無くなりました。それに加え、かゆみも無くなったのです。目には見えていないだけで、デリケートゾーンがすごく清潔な状態になったのだと思います。

処理方法はいろいろある~特徴や違い~

一口にvio脱毛と言っても、その方法はいくつもあります。そこで、vio脱毛が受けられるいくつかの脱毛方法を紹介していきます。

vioの処理をする方法

医療レーザー脱毛
医療レーザー脱毛は毛のメラニン色素のみに反応する特殊なレーザー光を使用した脱毛方法で、このレーザーを当てると毛根のメラニン色素が光を吸収し、吸収された光が熱へと変わりそこの毛根を破壊するという仕組みになっています。医療脱毛=医療レーザー脱毛と捉えてよいでしょう。周辺の皮膚に影響を与えない点、痛みをあまり感じないという点などが女性からの支持を後押ししています。さらにレーザー脱毛には、「施術回数が少なく済む」というメリットもあります。他の脱毛方法は基本的に定期的に通って施術を受ける必要がありますが、レーザー脱毛は5~9回程通えば自然と毛が生えてこなくなります。だから時間やお金、病院に行く手間などの負担が大きく減るのです。
ブラジリアンワックス
ブラジリアンワックスを使った脱毛方法は、アメリカではごく一般的な方法として利用されています。vioラインにあるアンダーヘアにブラジリアンワックスと呼ばれるワックスを塗り、ワックスが固まったらワックスと一緒に毛を引き抜くという流れになっています。数回受ければ毛が生えてこなくなるレーザー脱毛とは違い、ブラジリアンワックスは永久脱毛に近い効果は得られません。アンダーヘアに施術をした場合、6週間くらいすると再び生えてきます。だから、約6週間おきに施術を受けに行く必要があります。
自己処理
vio脱毛は自分の手で行なうことも可能です。行なう際は、必要な道具を揃え、衛生面や安全面に十分に気を付けましょう。いろいろなやり方がありますが、オススメは電気シェーバーを使ったやり方です。電気シェーバーを使えば、時間を取らずスムーズに処理することができます。また電気シェーバーなら自己処理をするのが難しいとされるiラインの脱毛も手軽に行なうことができます。カミソリを使うやり方もあるのですが、カミソリは皮膚の角質層を傷付ける恐れがあるので、あまりオススメできません。基本的に、vioの処理を自分の手で行なうのはとても難しいことです。やり方を間違ってしまうとケガをしたり細菌が侵入したりする恐れもあるので、正しい方法をしっかり把握した上で始めるようにしましょう。

総合的に見るなら「医療レーザー脱毛」がおすすめ

vio脱毛はいろいろな方法によって行なえますが、総合的に考えるとやはり医療レーザー脱毛が適しているでしょう。効果の高さ、安全面など、どれを取っても他の方法の上を行きます。満足できる仕上がりを得たいのであれば、専門の病院に行き医療レーザー脱毛を受けるのがオススメです。

福岡のクリニックでは痛みを減らす努力をしています

二人の女性

医療レーザー脱毛には強い痛みが生じる、と思い込んでいる方は少なくありません。確かに、施術中ちょっとした痛みが伴うこともあります。特にvio脱毛の場合、デリケートな部分の施術となるので、痛みがやや増してしまうこともあります。福岡にあるクリニックは、医療レーザー脱毛による施術の中で生じる痛みを小さくするような工夫を行なっています。

痛みの少ないクリニックやサロンを探すコツ

デリケートゾーンは痛みに敏感な部分であるため、レーザー照射時に強い痛みを感じることがあります。個人差こそあるものの、人によっては麻酔を必要とするレベルの痛みとなることもあります。少し心配だという方は担当医に相談し、麻酔を打ってもらったり、レーザーの出力を弱めてもらったりしましょう。また、福岡には冷却ジェルを使って脱毛後の痛みを緩和させるというやり方を取り入れているクリニックもあります。レーザーの光から肌を保護するために冷却ジェルを肌に当てるという方法で、この方法により痛みをほとんど感じることなく施術を進められます。事前にどのような施術の工夫を行なっているのかを比較した上でクリニックを利用することです。下記サイトでは、主に福岡エリアで痛みが少ない脱毛施術が受けられるところが紹介されているので参考にしてみましょう。

TOPボタン